カメリアの記事

意味があることやないことを綴ります

日記 - そこそこだった

2時半に起きた。30分ほどぼうっとしていた。1本目のタバコを吸ったことで酩酊?していたし。なんとなく何もする気にならなくて。それからXを少しのぞいてXの機能であるところの「コミュニティ」に参加した。「字書きさんがゆるっと喋るコミュニティ」というところだ。こんなコミュニティがあるなんて知らなかった。探したのにな。

小説制作を10分くらいしたけど捗らない。

Kindleラノベの「おかしな転生III パンプキンパイと恋の好敵手」の続きを30分くらい読んだ。眠気が取れれば、と思ったのだけど取れないな。取れない取れない、と思いながら読んでいると眠気が増大してきた。もうびっくりするくらい眠い。

早朝はとにかく眠気で小説制作ができなかった。改善が必要だ。よるのリスペリドンを半分に減らしてみることにした。寝付きが悪くなるかもしれず心配なんだけど。やってみるしかない。

午前中

眠気はなくなったけど、やる気というか、小説制作する気分じゃない。読書を続けたい感じだ。もうちょっとテンション上げたい。Perfumeのお気に入りの曲をかける。音楽は慣れるとそれほど効果がないけど、まったくないとも言いきれず、まぁ試してみるかということになる。いろいろと試さないと。

Prime Videoで「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」のだい4話を見た。面白いなぁ。この作品も退屈さがみじんもない。あと全年齢多少でも若干エロい。今回はパンツが描かれていた。

「おかしな転生」の続きを読んでいた。僕は小説で長々と事情説明されるのが嫌いだ。まったく面白くない。というか、つまらない。でもこの作品の事情説明は苦なく読める。この作品、なのではなく、最近の僕、なのかもしれない。昨今そういう思いがある。以前は好みに合わなくて読めなかった作品でも読めるようになっているんじゃないか、と。この「おかしな転生」にしてもそういう思いから再度チャレンジしてみたら読めたのだ。このまま僕が変化し続ければ、いつか文芸や純文学も読めるようになるかもしれない。

小説制作をした。op64の第3話の構想だ。1時間くらいやったけど、まったく進んでいない。もめ事をアイデアで解決する話にしようとしていた。この手のロジックで解決するタイプの話は神話や寓話にあると踏んだ。そうでなくてもAIにたずねれば何かしら話が見つかるだろうと思った。でも見つからなかった。AIはGeminiもChatGPTもまったく役に立たなかった。

「おかしな転生」の続きを読んでいた。

午後

「おかしな転生」の続きを読んでいた。読み終わった。次の3巻から無料でない。年金支払い月の今月はまだお金があるから買えるけど、この調子で読んでいくと難しくなるかもしれない。というか他の作品を読まないと飽きてしまう。でも飽きずに読んでいるわけだし、ちょっとだけ飽きた頃に他の作品に移ろうかな。

急に眠くなってきて寝た。あらがえない眠気だった。15時15分に起きた。なんか気分が悪い。何がどうとも言えないけど、居心地が悪い。あと悪心だろうか。なんとはなしに罪悪感のような感覚がある。

Prime Videoで「異世界食堂」の第6話を見た。気分が悪いときはアニメを見るなどするといい。意識を集中させることで気分がリセットされる。熱々のカップスープをズバズバいわせて飲むのも同じような効果があるし、ネット通販サイトで買い物をするのもいい。

Xしていた。頭痛い。耳鳴りする。

総括

今日はそこそこだった。夕方の調子が悪くて今日にいい印象がないけれど、そこそこだったよ。

日記 - そこそこだった

2時前に起きた。眠い。寝たほうがいいんじゃないのか、という気がする。しかし起きた。腹具合が変なので濃いコーヒーはやめておくか、となり、眠気を覚ます方法も限られる。おつまみ昆布をそしゃくすることで眠気取りにするもくろみ。

イマイチしゃんとしない感じがある。心穏やかでぼんやりしている。クエン酸水を飲んだ。あまり変わらない。

小説制作していた。op64の第3話の構想だ。Geminiを利用したりしたけど、なかなか上手くいかない。やっているうちに長い時間が過ぎ、集中できなくなったからひとまず終了した。

Xしていた。過去20年を無駄だったと後悔している人がいた。僕も10年くらい無駄にしたけど後悔の念はない。後悔する能力のないタイプだ。後悔できる人は成長の糧にできる。でも価値がないと感じている過去から何をどう学んだらいいんだろう。朝食してからGeminiに相談してみよう。

午前中

Prime Videoで「転生貴族、鑑定スキルで成り上がる」の第3話を見た。この作品も退屈がない。上手くできているなぁ。

プログラミングしていた。Amazonの商品ページのURLをすっきりさせたものをクリップボードにコピーするブックマークレットだ。この日記を書くのにアニメのリンクを張るときに使う。

Kindleラノベをいろいろ試読してのちKindleラノベの「メイドなら当然です。 濡れ衣を着せられた万能メイドさんは旅に出ることにしました III」の続きを読み始めた。面白いのだけど、僕が精神的に低迷しているので、気分の根底にグレーの紗がかかっている。すっきりしない。

タバコを買いにいくついでにファミチキを5つくらい買おうかと思って出掛けたけど、インスタントラーメンを食べたほうが安上がりでいいと気付いてタバコだけにした。ファミチキを5個も食べたらカロリーが高くなってインスタントラーメンより糖尿に悪そうだとも思っており、いい選択をした気がする。

インスタントラーメンを食べた。サッポロ一番塩ラーメンと揚げ玉だ。美味しかった。熱いスープに浸かった揚げ玉は豆腐のような熱の持ち方をするな、と思った。腹に落ちたときにそのように感じた。

読書の続きをした。腹は膨れて満足だけど、なんか面白くない感情がある。なんとなく終了した。

Xしていた。そこそこ楽しめた。

午後

読書の続きをしていた。読んだ読んだ。読んだけど気分が悪くならなくてよかった。何が違うんだろう。体調の問題かなぁ。

Xしていた。頂き女子りりちゃんって精神鑑定したほうがよかったんじゃないのか、という気がした。みんなの納得感は別として。

総括

今日はそこそこだった。小説制作があまりできない日が続いている。面白くはないけれど、精神的な調子という視点だとそんな悪いわけじゃない。若干低迷しているくらい。こないだから出ている薬のせいかなぁ? 今夜は飲まないでおこうと思う。

日記 - そこそこだった

3時半に起きた。昨夜は「おかしな転生II 蜂蜜の月」を読んでいて寝るのが少し遅くなってしまった。読書に夢中になるとこういうことがあって困る。読むのをやめられないのだ。

小説制作した。op64の第2話の本文執筆だ。修正していた。いろいろ考えたら大きな変更をしなくても修正できることがわかった。文字数が4000に増えたけどまぁいいや。

午前中

苦しい。濃いコーヒーを飲んだら少し楽になった。でもまだ苦しい。横になった。ずっとこうしていたい。眠くなってくる。

Prime Videoで「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」の第14話を見た。

今日は期日前投票に行く。不純な動機だ。違法だろうけど、まぁいいや、ということにした。それにしても与党がいいとは思わないし、野党がいいとも思わない。いっそ何がいいともわからず、何も選べない。そもそも政府に非協力的な国民も多いのに、具合のいい政策なんてあるんだろうか。そんな中であっても希望を失わないでいることに、どんな意味があるんだろう。

体調が回復してきた。

期日前投票に行ってきた。出掛ける寸前になってジャージにシミがついているのに気付いた。今さら遅い、ということでそのまま行った。白票を投じたわけだけど、立会人のおばさん2人が指を差してコソコソ話をしていた。白票は珍しいのだと思う。以前のときは「あー……」って声が出ていたし。

小説制作をしようとした。でもなんか「そんな頑張って小説制作なんかせんでもいいかぁー」という気がしてきてやめた。なんか、気力はあっても、やりたい熱意がない。変なの。

ファミからとファミチキを丼鉢いっぱいにして貪り食うというビジョンが見えてしまった。貧しさ・糖尿と天秤にかけてもだえている。

自作品のop64の第2話では「ふしぎの海のナディア」のブルーウォーターが想起されればいいな、という文章を書いた。

ディープブルーの宝石だ。どこまでも澄んだ水の深淵を思わせ、永遠の時を秘めた輝きを放っている。精緻な幾何学模様が幾層にも浮かんでいた。菱形の輪郭を包むのはゴールドのフレーム。鎖につながってペンダントトップになっている。

ぼやぼやXやっていたら11時が近くなってきた。もう昼だ。なんだったんだろう。

Prime Videoの「ダンジョン飯」を見てみようかな、という気がしている。漫画を読んだとき面白く感じなかったので見る気がなかったのだけど。Prime Videoで人気が1位になっているし、面白いのかなー、と思って。他人のした評価ではなく自分で体験することが大切だ、というけど他人の評価は重要な指標だなぁと思う。

午後

昼食はカップ麺だった。もっと言えばカレーうどん。しかしカップ麺のアイデンティティはカップ麺と言った時点で半分以上が決まる。「ああ、そうなんだな」という納得感がある。アイデンティティの残りの部分で味や麺の種類が気になる。比較するのに例えば「昼食はうどんだった」と聞けば生麺のうどんだと思う人が多いだろう。「カレー味だった」ではさっぱりわからない。最も重要なのは「カップ麺」であることだ。

「ちゃんぽん」といえば同族別種のものを混ぜることだ。しかし長崎料理の名称にそのまま使われているため、例えば袋麺の塩と味噌を混ぜたものについて「ちゃんぽん」と呼称すると変になる。変になるので上手く使えば面白い表現になるだろう。

Prime Videoで「バーテンダー 神のグラス」の第3話を見た。変な作品だ。退屈なところが一瞬たりともない。常に興味深い。僕の心理的な問題だろうか。小説制作の勉強として見返すことをしないとなぁ。

Prime Videoで「生きる LIVING」をちょっと見た。めっちゃ英語。字幕なし。え? と思ったけど再生してから表示されるオプションで選択できるようになっていた。字幕あり・なしだけだけど。

僕は人生観において「人とは幸福と不幸を感じる存在である」くらいの認識をしている。映画「生きる LIVING」に触発されて思い返してみた。

タバコに使うライター。長らくプラズマ式の電子ライターを使っていた。でも火のライターのほうが明らかに着火体験が良好だ。一瞬で点く。プラズマ式はなかなか点かない。しかもバッテリー切れをほぼ毎日気にしていないといけない。風の中で点けるのでなければ絶対的に火のライターがいい。

小説制作で「テーマを伝えるために書かねばならないこと」がピンと来ない。僕が伝えたいテーマというのは「最強の主人公が困難を乗り越えることを楽しむ」というもの。これを伝えるのに「小さな困難が複数あって、最終的に大きな困難を乗り越える」というようなことだろうとは思う。でもこれは、これまで読んできた小説がそうであったからだ。感覚的に思い付いていない。なのでピンと来ないんだ。テーマから書かねばならないことへ展開する作業を繰り返せば感覚的な理解に至るのだと思うけど。

Xをしていた。なんと言うでもない。

総括

今日はそこそこだった。先日から飲み始めた薬の効果は感じられない。最初はさえないふうだった。今日は何もない、という気がする。じゃぁ明日はよくなるのか、というと期待感がない。それより飲むのをやめたほうが、さえない感じが抜けてよくなるのかもしれない。でも医師に報告する手前、もうちょっと飲み続けるほうがいいのかな。

日記 - そこそこだった

4時すぎに起きた。昨夜は睡眠薬の飲み方が変になっていて睡眠も変になっていて、最終的に寝付いたのが0時すぎだった。そういうこともあって起床が遅くなった。

Kindleラノベの「おかしな転生I アップルパイは笑顔と共に」を読んでいた。今朝は気分が変な感じだった。昨夜の乱れが続いている。小説制作するような気分ではなく、昨夜からの続きで読書をした。

午前中

変な気分だ。小説制作したいのに「今はそんなことしてる場合じゃない!」という漠然とした感覚がある。そんなことしている場合なのに。落ち着かない。しばらくXしていたら落ち着いてきた。

小説制作をしていた。op64の第3話の構想だ。でも第2話でヒロインにお礼をさせるのを忘れていて、これをすると芋づる式に展開が変わってしまうことが判明してやる気が減退した。ひとまず何か別のことをして気力の満ちるのを待つことにした。

Xしている。今のTLは少し面白い。

Xなどしていると語「圧巻」の誤用が気になって仕方ない。しょっちゅう誤用で出てくる。本来の意味なんか知らなきゃよかった。

ファミからが食べたい。8個とか10個とか食べたい。可能なことではある(ファミマに数があれば)。しかし贅沢だ。糖尿にも悪い。我慢しなくては。しかし、1000円ほど使うのが贅沢というのも貧しい生活をしているな。まぁ何千円もの買い物をホイとしてしまうこともあるわけだけど。

◯◯リウムの上で納豆を食べると納豆菌によってカビを防げるかも、という話を受け、風呂で納豆を食べてきた。

Xするのもなーと感じてきた。しかし小説制作する気にはならないし、読書は集中して他のことがおろそかになるから忌避感がある。

昔はメガネのレンズに油膜が観測されるなど言語道断だった。近年メガネが壊れて必ずマツゲが当たるようになり油膜は不可避となった。そのことでどうでもよくなって今はわりと汚いレンズのメガネをしている。人は変わるものだな、という気がする。というか、僕にとってメガネが高貴なものではなく庶民的なものになったのだろうと思う。

Prime Videoで「魔法科高校の劣等生 第3シーズン」のエピソード3を見た。見終わって振り返ると、ストーリーとしてはたいしたことしてない気がするのだけど、面白さがあった。この作品はわりとそういうところがあるな、と思う。不思議。

「おかしな転生I アップルパイは笑顔と共に」の続きを読んでいた。昼前だったし、あまり入り込まずに読めてよかった。1巻が終わって切りがいいので、午後は他のことをせねば。小説制作できるといいな。ところで「おかしな転生I アップルパイは笑顔と共に」はKindle版の3巻まで無料になっているので是非試してみてください。

午後

昼食の量を半分にしてくれるよう父に頼んであるのに1人前出てきた。

Kindleラノベの「おかしな転生II 蜂蜜の月」を読んでいた。面白くて手が止まらない。ストーリー展開も文章も上手い。言い作品だ。これが11巻だかまで出ているというのだからありがたい。まぁそこまで続けて読むとさすがに飽きるから、休み休みにするよう注意しないといけないけど。

総括

今日はそこそこだった。活動内容はイマイチだけど、調子の程はそこそこだった。

日記 - イマイチだった

1時前に起きた。昨夜は寝付きが悪くて19時半くらいに入眠した。相変わらず寝不足だ。医師は睡眠不足を解消する気がないみたいで、困ってしまう。

眠かったけど濃い濃いコーヒーを飲んで少しマシになった。

小説制作するでもなし、しないでもなし、なんとなくぼんやりしていた。作品のop64は新しい展開を考えないといけない。ネタを一から発想する必要があって雲をつかむような感じがする。なかなか決まらない。

気分がさえないし、タバコを買いにいったついでに、おむすびを買って帰った。NISSINとのコラボ商品で、どん兵衛のかき揚げのやつと、UFOのそばめしのやつ。どちらも取り立てて美味しいものでもなかったけど物珍しさを商品にするという意味では成功していると思う。コンビニはポテチでもそうだけど、物珍しい味のバリエーションを次々に出していって商売している感じがする。

濃いコーヒーを飲んでみた。どうともならなかった。眠いし、寝たほうがいいのかもしれない。ということで寝た。5時半に起きた。

午前中

眠いし体がだるくて調子が悪い。濃いコーヒーを飲んで、クエン酸水を飲んで、頭部うっ血法をして、少し調子が出た。小説制作に挑んで、やっぱり眠くて調子が出ない。クエン酸水を飲んで、濃いコーヒーを飲んで、頭部うっ血法をした。だいぶん調子が出てきた。小説制作の続きをして、でもやっぱり調子が出なくて眠い。

Xしていた。なんか面白くないな。

Prime Videoで「転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます」の第2話と第3話を見た。

Kindleラノベの「おかしな転生I アップルパイは笑顔と共に」を読んでいた。

午後

読書の続きをしていた。体調が悪く苦しかった。

総括

今日はイマイチだった。